マルチーズのリン(15歳)と、ベランダガーデニングのブログです。ご訪問ありがとう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご心配お掛けしました<(_ _)>



温かい皆様の応援の甲斐あって、12月1日無事に手術を終えました。

本当に有難うございました<(_ _)>

木曜日の夜、ほぼ半ば強制的に退院させられ…!?昨日、包帯も取れました。

思ったより手術後は元気でホッとしていますが、傷を縫った跡が凄いです。


詳しく病名を書いていなかったので、今日はその辺を書いてみたいと思います。

病名は「子宮蓄膿症」「乳腺腫瘍」でした。

「子宮蓄膿症」の方は、まだ初期段階だったのですが、このまま放っておけばいずれ進行してしまい

また手術のなってしまう事は間違いないので、一辺にやってしまおうと相談して決めました。

「乳腺腫瘍」の方は素人の私が触っても分かる物が1つありました。

でも、結局小さい物も含めて全部で4つ見つかりました。

手術の場所は全部で5か所も…。人間でいったら物凄い手術だと思います。

なので、傷が5か所。見ていて本当に痛々しい限りです。

お腹から胸にかけての毛は全部剃られて、ピンクの肌が剥き出しになっている所に黒い糸が…。

ちょっとグロイ話ですが、現実ですので忠実に書いてみたいと思いました。

「乳腺腫瘍」・・・取った物は今、検査に出しています。

先生は決して「ガンです」とは言わない。あくまで「乳腺腫瘍」です。

悪性だったら「ガン」です。(検査結果はまだ出ていません)

万が一『悪性』だったとしても、今回子宮と卵巣も一緒に摘出したので

「進行は遅らせられる可能性はある」との事でした。

リンの子供が欲しい…と、この犬との共存が全く出来ない性格を無視した飼い主の勝手な希望で

去勢手術から目を逸らしていた私の我儘から招いた事だと思い知らされました。

結果リンに一番辛い思いをさせてしまいました。

手術が終わった日、面会に行き…さっき体にメスを入れられたばかりなのに

「早くおうちに帰りましょう」と必死ですがってくる姿を思い出すと、今でも涙が出ます。

ご存じの通り『バカ親』な私は、ちゃんとご飯を食べるだろうか?一人で寝れるだろうか?

・・・と、入院中の心配ばかりしていましたが、先生からの報告の電話で

「ご飯もちゃんと食べて、私たちに尻尾も振ってくれてますよ~」と…!?

この胃に穴が開くほどの私の心配とは裏腹に、リンはちゃんと生きていく為の努力をしていたのですね?

3日の夕方ご飯を持って行くと、私の気配を感じたのか…奥の部屋から聞き覚えのある声が。

「ワン!」「ワンッ!」

そんなに吠えたら傷口が開く…(T_T)

手術後2日ぐらいでそんなに元気になるのでしょうか?

・・・そんなワケで「退院です」

「明日仕事で家に誰も居ないので、もう1日預かってもらえないですか?」

「一人でも大丈夫だと思いますよ」

なんでしょう?この半ば強制的な退院は?

たったの2日の入院で家に戻って来ました。5か所も切ったのに…!?

退院してから…といえば、今までゴハンに興味が無かったリンだったのですが物凄い食欲なのです。

「去勢後は太る」と聞きますが、「コレか?」と思い

「クレクレ」攻撃に負けないように心を鬼にしています。

旦那様にも「我慢して」と釘をさして。

退院後はやっぱり疲れていたのでしょう。珍しく熟睡が多かったです。

今は元通りですが…!?




前の子を病気で失ったのに、今回またリンも病気にしてしまったダメ飼い主でした。

「まだ9歳」から「もう9歳」という事を本当に痛感しました。

今度の土曜日には抜糸です。

ソレの方が辛いかも?(自分に経験が無いものですから、どんなものかわからない)



今回経験したから言うわけじゃないですが、やっぱり健康管理には気を付けてあげないと

気づいた時には私のような事になってしまうので、ちょっとした事でも気にしてあげてください。

過保護とソレは違うと思います。

でも、過保護ぐらいでも良いのかも?だって、犬は喋れないのだから。


・・・ちなみに余談ですが・・・。

麻酔が効いているうちに、どうやら歯石も取っていただいたようです。

そしたら「奥歯に乳歯が残ってたので取っておきました」と。

そういえば、リンは小さい頃乳歯が抜けなくて二枚歯で病院で抜いて貰ったのでした。

取りきれなかった奥歯に残っていたようで…。

几帳面な先生で有難かったです(@∇@)ゞ


更に余談ですが・・・。

今回リンの手術が決まってから退院までの一週間で私の体重も2キロ減りました。

リン共々太らないように気を付けたいと思います。


前の様に更新は出来ないかと思いますが、

たまに皆さんにリンの事を見ていただきたいと思っていますので遊びに来てください。

私もお邪魔させて頂きます<(_ _)>


本当に応援有難うございました。心より感謝しております♪


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

鈴(リン)ママ

Author:鈴(リン)ママ
♪鈴(リン)
マルチーズ
2000年5月5日生まれ
女の子
田舎育ちの庶民犬
神経質で頑固でわがまま
10歳過ぎて病気がち

♪リンママ(お母さん)
結構なお年頃の主婦
今はアルバイトしてます
パソコン知識ゼロだけど
必死でリンの日記を綴ります

♪リンパパ(旦那)
ブログには無関心
超アナログな残念パパ
でもリンはパパ大好きで両想い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。