マルチーズのリン(15歳)と、ベランダガーデニングのブログです。ご訪問ありがとう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな日はリンに癒されよう…っと。

         今日はリンネタではありません。

    


         

         仕事の帰り道での出来事。

         大きな『秋田犬』と思われるワンコのお散歩に遭遇しました。

         とてもおとなしそうな良い子でした。

         飼い主さんは男の方。

         リードも正しく持って並んで歩いていました。

         私はその5mぐらい後ろを歩いていました。


     
         帰り道の途中に川が流れています。

         橋の高さは10mぐらいでしょうか?

         川にはカモがたくさん泳いでいました。

      


         橋の途中で、ふとその男の人が手に持っていた白い物を

         川に投げ捨てました。

         私は瞬時に「アレは紙に包んだ糞だ」と感じました。

         私は立ち止まって下を覗き込み

         流れて行く『白い物』を見ていました。

         男の人はチラっと振り返り何事も無かった顔で道を渡り

         私が進む方向とは違う方へ立ち去って行きます。

         





         どう思いますか?

         



         糞を拾わずに放置する人。

         拾ったのに川に捨てる人。(じゃ、どうして拾ったんだ?)

         それは同じ事ではないでしょうか?




         何処へ行っても『犬の糞は持ち帰ってください』

         という看板を見かけます。

         今は昔と違って野良犬という子が居なくなってきていると思うんです。

         なのに『糞は・・・』という看板が無くならないという事は

         拾わない人がたくさん居るからですよね?

         


         人の事をアレコレ言える程、私も完璧な人間ではないですが、

         同じく犬と暮らしている者として

         今日見た光景は、とても悲しく憤りを感じました。

         



         注意するべきだったのでしょうか?

         出来なかった自分がとても嫌になりました。






         帰ってから、リンを抱っこし

         「お母さんはちゃんと拾うからねぇ」と話し掛け

         キョトンとされた私です(笑)







         こんな風に相手にされていませんが、

         悲しく落ち込んだ時には、リンには癒されます♪

         隣に居てくれるだけでも良いのですよ。




         読んでくださって有難うございます。

         嫌な気分になった方、スミマセン。






         ご訪問有難うございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

鈴(リン)ママ

Author:鈴(リン)ママ
♪鈴(リン)
マルチーズ
2000年5月5日生まれ
女の子
田舎育ちの庶民犬
神経質で頑固でわがまま
10歳過ぎて病気がち

♪リンママ(お母さん)
結構なお年頃の主婦
今はアルバイトしてます
パソコン知識ゼロだけど
必死でリンの日記を綴ります

♪リンパパ(旦那)
ブログには無関心
超アナログな残念パパ
でもリンはパパ大好きで両想い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。