マルチーズのリン(15歳)と、ベランダガーデニングのブログです。ご訪問ありがとう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県に住む私






震災直後は応援の言葉やメール、救援物資など

たくさんの方々に助けられ、本当に感謝しています。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。




その後、慌ただしい毎日が過ぎ、未だに訪問もままならない状況で

一ヶ月以上が過ぎてしまいました。

コメントのお返事もそのままにしてしまい、申し訳なく思っています。











相変わらず余震が続く毎日ですが、街はほぼ正常な状態に戻りつつあります。

私も仕事が始まりました。

毎日リンを一人で置いて行く事に、大きな不安を抱きながらでしたが

同じマンションの方に鍵を預け、何かあったら助けてくれるというので

何度か起きた大きな余震の際も、救出されました。

リンは年をとっている事と、小さい頃から音に鈍感な事が幸いして

震度4ぐらいの地震まではビクともしません。

友達の家の犬・猫は余震の度に逃げたり隠れたりの状態の子が多いそうです。

テレビから聞こえる緊急地震速報や携帯の音にも反応無しのリンで助かっています。

リン 掃除中

↑この写真は震災から4日後ぐらいのリンです。

この頃はパパの実で避難生活でした。

知らない所で毎日過ごすストレスがあったと思います。

自分の家に数時間でも戻ったリンは嬉しそうでした。

そして…今ではしっかり救援物資で体重が増えたリンです。

トリミングにも出せていないので、更に大きく見える現在です。







私は福島県に住んでいます。

地震・津波…そして今は原発…風評被害と他の県よりも復興が遅れています。

私の家は原発から60キロぐらいの所で、避難勧告は出ていません。

街も再開し、壁や天井に穴が空いていても営業をしている店もたくさんあります。

大きな余震もまだありますが、みんな必死で福島県で働いています。

原発に対する思いも人それぞれで、私の周りは比較的落ち着いてる方が多くみられます。

何日か前、トラクターに乗って田んぼを耕している人を見ました。

きっと福島産の米は市場に出しても売れない事でしょう。

それでも自分のやるべき事を一生懸命やっている姿に涙が出てきました。

「やっても無駄なのに」と思う人も居る事でしょう。

でも、普段通りに生活していないと更に不安が襲ってくる…という人も居ました。

リンの散歩をしていると「そんなに小さいのに大丈夫なの?」と言う人も居ます。

そう、マイクロシーベルトの事です。

毎日放射能の数値は見ています。

スクリーニングにも行って来ました。

数値は全く呆れるほど低い数値でした(何しに来た?みたいな数値です)

中で生活している人の方が落ち着いているのかもしれません。

それなのに、他県では避難している子供へのイジメ、宿泊拒否、ガソリンスタンド入店拒否

挙げ句の果ては駐車場での車の止める場所の問題、車を蹴って傷をつけられる…。

そんなニュースの毎日です。

心無い人は数少ないとは思いますが、それでもこんな風な差別が未だにある事に

私達は深く傷ついています。

傷ついて、そして怒っています。

楽しいブログの場で、こんな事を書くのは本意ではないのですが

私達が望んで作られた原発ではなかったという事だけは知って欲しかったのです。

関東圏で使用するための原発が10機あるという事を…。

福島は特に何も有名な物は所が無く、パッとしない県だったのに

今回の事で世界的に有名になってしまい残念です。




せめて、このブログを読んで下さった方が、福島県を知ってくださったら幸いです。

家は残っているのに戻れなく、行方不明者の捜索も出来ず、

大切な物も持って来れず、家に残したペットや家畜を心配し、

心無い人からの差別に耐え、されたくもないインタビューを受けさせられ

どのぐらい待ったら元の場所へ戻れるのかもわからず

それでも「みなさんの支援に感謝している」と我慢している人達がたくさん居る事を。

同じ県民なのに、何も出来ない自分が悔しい…。


海

去年の夏に行った、いわきの海です。

こんなに穏やかな海が、一瞬で何もかもを飲み込んでしまったなんて

信じたくありません。

今はまだ海が怖いと思う私ですが、

いつかまた、この海に行ってみたいと思っています。




私の街でも桜が咲き初めました。

東北の冬は長いから、桜が咲くのはとても嬉しい事です。

せっかく綺麗に咲いてくれた桜だもの

リンと一緒にお花見したいと思っています…。

今年の桜は違って見えるかな…?








長い文章、そして気分の悪くなるような内容でしょうが

読んでくださってありがとうございました。















スポンサーサイト
コメント
ラッキーパパは広島出身です。
広島には、原子爆弾が落とされました。
叔母は数キロのところで被爆しました。
幸いにも建物の陰だったので、今でも元気にしています。
母は、直後に後片付けに行きました。
でも、まだ元気です。
幸運もあると思いますが‥‥
放射能に関して、みんな無知すぎると思います。
広島、長崎は、被爆直後から、ず~~と人が住んでいたのです。
これも事実です。
他の地区と、どれだけ癌の発生率が違うのでしょうか?
はっきりとしたデータは????
今の福島に対する差別の目‥‥悲しい限りです。
一日も早く、そういう偏見がなくなることを祈っています。
そうそう!
ラッキーも、地震はほとんど気にしません。
リンちゃんも? それを聞いて、なんだかホッとしました。
2011/04/18(月) 07:56 | URL | ラッキーパパ #-[ 編集]
No title
こんにちは。
どうしてるかな・・って気になっていました普通の生活に戻りつつあるんですね。
リンちゃんも元気そうで安心しました。
私は何年か前に福島を訪れ 日本一きれいな空という記憶があります。
今回の被害 特に原発で本当に悲しくつらい思いをされている方がいっぱいいますよね。
でもみんな頑張って生きて生活しているんですね・・・
正しい報道としっかりした知識が今の日本人全員には必要ですね。
私にも出来るころ??スーパーで福島産のお野菜とか買ってますよ!
農家の方が大切に育てた物です。無駄にはできません。
一日も早く 皆様が元通りの生活ができることを心からお祈りしています☆
リンちゃんも頑張って~
そして何か私にもお手伝いできることや必要な物資があれば遠慮なくメールくださいね^^
2011/04/18(月) 10:01 | URL | まるくんママ #lVjAIwTo[ 編集]
No title
小さなリンちゃんが、余震にも動じることもなく元気で暮らしていることがわかって安心しました。
どうしてるかなぁと心配してたのに、なにもできなくてごめんなさいね。
この記事を読んで、ニュースになってない福島県のみなんさんへの心ない差別がこんなにされてること初めてしりました。
どうして車を蹴ったりこどもたちをいじめたりするのでしょう・・・・
同じ日本人なのに、信じられません。
そんな中、感謝の気持ちを忘れず頑張って生きてる人たいに、ほんと頭がさがります。
旦那は今日、福島での仕事の打ち合わせに行ってます。
そちらで、仕事が決まったら私も一度行くつもりです。
何もできませんか少しでもお手伝いできたらと思ってます。
よかったら、一度メールくださいね。
2011/04/18(月) 13:05 | URL | チェリーママ #-[ 編集]
No title
すっかりご無沙汰しております。
お忘れかもしれませんが、メルクレのかぁちゃんです(^^ゞ

みなさん ご無事で安心しました。
リンちゃんもお元気そうで、なによりです。
毎日続く余震にさぞ不安なことと思います。
その上心ない人たちの酷い行い…
住んでいる人にはなんの落ち度もないのに、悲しいです。
それぞれ自分の身になって考えてほしい。

一日も早くそれぞれ我が家へ帰れますように
2011/04/18(月) 15:55 | URL | かぁちゃん #-[ 編集]
No title
おはようございます。
少しずつ少しずつ…普通の生活の戻りつつあるとのこと…ほっとしました。
お仕事も始まったのですね。
リンちゃんも元気そうなので…よかったです(^^)
ママさんの記事を読ませて頂いて…胸が痛いです。
どうしてこうなるんだろう~ひとつにならないといけないのに…
ママさん~リンちゃんと一緒に…桜を真下から見上げて見てください。
きっと…きっと…
2011/04/19(火) 08:36 | URL | みるぷ~ママ #-[ 編集]
はじめまして!
埼玉県に住むルシエルと申します。
私の実家は福島市です。
リンちゃんママさんの記事、涙しながら拝見しました。
なかなか明るい兆しが見えない原発事故に、
日々心が痛みます。
故郷の皆さんのことを思うと、
離れた土地で普通に暮らしているのが申し訳ないです。
何もできない自分が情けなくなります。
でも、福島のこと、すごく大好きです。
ほんとうの空がある、うつくしま!
私も、多くの方々に本当の福島のことを知ってほしいと思います。
こういったことがきっかけではありますが、
かわいいリンちゃんの姿、また見に伺いますね。
よろしくお願いいたします^^
2011/04/19(火) 10:54 | URL | ルシエル #jOXDVeO6[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

鈴(リン)ママ

Author:鈴(リン)ママ
♪鈴(リン)
マルチーズ
2000年5月5日生まれ
女の子
田舎育ちの庶民犬
神経質で頑固でわがまま
10歳過ぎて病気がち

♪リンママ(お母さん)
結構なお年頃の主婦
今はアルバイトしてます
パソコン知識ゼロだけど
必死でリンの日記を綴ります

♪リンパパ(旦那)
ブログには無関心
超アナログな残念パパ
でもリンはパパ大好きで両想い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。